<<
09

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
>>


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
準備はじめましたか?
32318638126.jpg
Yulia Brodskaya

6896205649183366_QaVCt0Xq_c.jpg
creativecelebrations.tumblr.com

88242473918277047_Q0pPDgLH_c.jpg

book_christmas_tree.jpg
booktagger.com:rebecca

261771797061321425_H3VO9IVT_c.jpg
dishfunctionaldesigns

243335186086520154_8EYUO2vN_c.jpg
digsdigs

木で季節を感じますね。
紅葉を楽しんだあとは、クリスマスをどう過ごそうか・・・。

スポンサーサイト
120915.jpg

心の栄養に・・・、と
今日は元気になるモノを見る時間を作ってみようと思い立ち見ていたモノ。

041002.jpg

好きなモノ、コトがはっきりしていて今日も見ていてすっきりできました。
不思議なものです。
Kitajiko websaite

先週は大好きな"梟"を見てきたのですが、眼光、羽根、声、クルッと
回す首の動きに見入っていたら、息子におこられてしまいました。
結局は、見ていてイイよという息子と、その友達数人に甘えさせてもらい
どちらが子供か・・・と思いながらも数時間。

好きなモノを見るっていう視覚的効果は大きい・・・と感じるほど元気
になれました。

いつもより海に行けた今年の夏でした。
個人的に、何故か夏の終わりのこの時期によく見返すお気に入り
の写真がVOGUEのGemma Ward

img_1495607_53583908_1.jpg

gemma.jpg

2012y08m21d_233058250.jpg

38904_vogue_uk_julho2006_phcorinneday_gemmaward_07_122_408lo1.jpg

空気感がちょうどイイというか・・・、よしッ!って思わせてくれる
ツボの写真です。
"キレイな髪" すい込まれるように見てしまった写真。

7_20120726233452.jpg

髪という部分がここまで! と、驚いたのが正直な感想。

2012y07m26d_233123265.jpg

2012y07m26d_233137890.jpg

カット、カラー、メイク・・・、色々な情報がギッシリ詰まった写真。
anne combaz
以前にも紹介した、犬飼真弓さんの絵画を家族で見に行ってきました。
"犬飼真弓・横山奈美 ドローイング展"
STANDING PINEさんで 2012.7/7~7/28まで見ることができます。

001.jpg

息子は、毎回見に行かせてもらう度
会場に入ると世界観に圧倒され、私達の腕をしっかりつかんだまま
何とか絵を見ているといった状態なので、感じるところがあるんだな
と思いながら、今回も素敵な時間を過ごしました。
犬飼さんからアドバイスをうけ、何やら粘土でオブジェを造ると
張り切っていた息子。
もしかすると、我が家で一番の犬飼さんファンは息子かもしれません。
犬飼真弓さんHP
トランクラインのDMや名刺、メニュー表といったもは
全て自分で造っているのですが、その時にいつも重要な要素
の一つが文字。

1_20120717141409.jpg

その使い方はもちろんですが、文字(テキスト)までデザインする事で
その幅は広がり、一層イメージが明確になります。
そんなタイポグラフィデザインの世界。

4_20120717141409.jpg
Moshik Nadav
個人的に好きなデザイナーです。

5_20120717141408.jpg
Fiodor Sumkin 
イラストの中にタイポグラフィが埋め込まれていく流れが見られます。

DMやカタログ、プレゼン資料などのお手伝いをさせていただく機会が
ありますが
伝えたいコト、こうありたいイメージ、条件や制限・・・そういった中で
組み立てていく一つひとつの場面が面白い。
そんなふうに思います。
先日、あるジュエリーデザイナーの方とのやり取りがあり
作り手の人柄、造りだされるモノなどについて色々考えていました。

ヘアアレンジに必要な、ヘアピン、ヘアゴム、カチューシャなど
様々なアイテムがあり、装飾のあるモノからシンプルなモノまで
当たり前のように身近にあるヘアアクセサリー。

betukou.jpg

日本では、" 簪(かんざし)"が原点ではないでしょうか。
縄文時代に魔除けの意味で身に着けていたのが始まり。

室町時代には技術的には完成されていたようですが、髪飾りとして
広く使われるようになったのは江戸時代後期頃。
耳かき簪、松葉簪、玉簪、平打簪、花簪、変わり簪など
たくさんの種類が生み出されたのもこの頃だと言われています。

013_p.jpg

透し彫、肉彫り、蒔絵、螺鈿などの加飾技法。
あらためて考える細密な手仕事に、時間を忘れて・・・。

素敵な出会いから、素敵な時間がもてました。

東京ディズニーランドに家族で行ってきました。
の、つながりで・・・

louboutin.jpg

皆さんご存知の"シンデレラ"がブルーレイで復活する記念として
ディズニーとクリスチャン ルブタンのコラボがあるそう。
詳細は7月だそうですが、どんなモノになるんでしょう。

2012y06m12d_185013296.jpg

個人的にはクリスチャン・ルブタン氏直筆の20周年記念カプセルコレクション
のスケッチがとても好きです。部屋に飾れたら・・・なぁ。 なんて・・・

作家:清水由里子さんの器

P1030699.jpg

aoiku_cafe(アオイクカフェ)のゆっぺちゃんにお願いしていた陶器が
ついにやってきました。

TRUNK LINEのお店に合うモノを・・・お客様が使いやすいモノをと
ゆっぺちゃんが形や使う釉薬の事まで色々考えてくれていたのが嬉しくて

P1030708.jpg

一つひとつ微妙に違う表情がイイですね。
おまかせで造ってもらって本当に良かったです。素敵。
Takaさんの暴走で予定より多くの器を譲ってもらいました。

20120217_192098.jpg

他にも色々な作品があります。
使う器で、いつもと同じはずなのに美味しく感じますよね。

P1030709.jpg

早速、来てくれたハーちゃんと紅茶をいただきました。
人のつながりに感謝・・・

みこっち、ゆっぺっちゃん届けてくれてありがとう!

aoiku_cafe(アオイクカフェ)


草間彌生さんのアート作品で象徴的なモチーフのドット(水玉)

o0540040011990722081.jpg

再コラボのコレクション、どう表現されているのか早く見てみたいです。

o0360054011990722079.jpg

o0360054011990722080.jpg

名古屋の方はあいちトリエンナーレ2010でアート作品を見た方も多いと
思いますが、直島にもかぼちゃを見に行くのもステキ!!

2012y05m27d_172935187.jpg

黄かぼちゃ、赤かぼちゃ・・・

大好きなBankcy
ご存じの方も多いと思いますがTRUNK LINE blogでの紹介は初めてなので・・・

banksy_03.jpg
Bankcy

勝手に街中の建物や壁にグラフィティを描き、市や警察に追われていた
仮面アーティストとか芸術テロリストと呼ばれたりしているグラフィティアーティスト

banksy_29.jpg

ただ、その皮肉っぽいというのか
メッセージ性のある完成度の高い作品はグラフィティをアートとして
認めさせてしまったほど。

2012y05m17d_153657767.jpg

ゲリラアートとして、無許可で美術館に自分の作品を展示したのち
美術館がアートとして作品を展示をしたというのは有名な出来事・・・

2012y05m17d_143035079.jpg

Bankcyの「いたずら」的な活動の中にあるメッセージ性が好きです。
こんな人がいると面白いと思ってしまいます。

今は本名も公開されていたり、作品をSOHOで購入できたり・・・
・・・、実物を見に行きたい!


"舞踏"というモノの知識はありませんが、古くからの友人のおかげで
少し、その世界を覗くきっかけをもらいました。

2012y05m11d_134633130.jpg

もちろん、舞踏家さんによってスタイルも違い、伝えたい内容も様々。
見る側のとらえ方、感じ方も色々だと思いますが。
私が初めて公演を見に行った時は
何とも言えない不思議な空気感と、見たことのない迫力のある表現に圧倒され

"静"なのか"動"なのか
"陰"なのか"陽"なのか
"High"なのか"Low"なのか

とても刺激を受け、知らなかった一面を見て良い意味でショックで
そして、追及し続けている友人を尊敬してます。

やり続けているモノってありますか?

舞踏家:金野泰史



生花に魅せられ関心をもったのは最近の事です。

トランクラインの開店。
お花屋さんと間違われるほど、たくさんのお祝いのお花をいただき
嬉しくて、しばらく眺めていたのを思い出します。

12.jpg

それまでは、枯れてしまうとカナシイ・・・。
そんな感覚で観葉植物やドライフラワーが好きと勝手に想い込んでいた
のかもしれませんが
積極的に生花を見る事をしていなかったように思います。

101.jpg

1111.jpg

店主ヨシムラが師匠と呼ぶイシさんから頂いたアレンジとの出会いは
忘れられない瞬間でした。
.9さんのWEBサイトを隅々まで見て、画像で表現された花の迫力と魅力に
圧倒されました。スゴイ!!の一言。

131313.jpg

そして、kranzオオガネさん、mokaraヤギさん、epanouirスズキさん、kukkaハセガワさん
花に携わる人との出会いに、あらためて感謝。
花を贈ってくれた皆さんに感謝。 と思いながら生花のアレンジの幅広さに
ため息ばかりの今日この頃です。
ビンテージの生地を使ったモノや、ラフでもカチッと感があるデザイン
シンプルでも遊びがあるコーディネートに惹かれます。

46.jpg

2012春!!に向けての衣替えがしきれない寒がりな私。
ファッションは大好きなので、色々な情報を目にしては妄想?!してますが
ここ数年は"自分の好き"が確立されすぎているのか冒険はしないまま
今年も春服を着る日を待っています。

Quilt-full-front-51.jpg

fwk-ss12-lookbook.jpg

いくつになってもファッションを楽しめる、品のある女性でありたいものです。

個人的に大ファンの絵描きさまの絵をふと見たい衝動にかられ
オープン日にお母様と来店してくれた事を思い出し・・・
会いたいな~という片思いのような書き出しになってしまいましたが
紹介させていただきます。

p-kyoukai-01.gif

画像は、お借りしました。

p-kyouzou-02.gif

犬飼真弓さんという画家と出会えた事は、とてもウレシイ出来事で

p-inukaiten01.gif

ヱビスアートラボギャラリーさんに何度か行かせていただいてます。
絵というモノ自体、受け取り方はそれぞれあると思いますが
家族で見に行くのが恒例となっている我が家であります。

詳細⇒MAYUMI INUKAI
Ilvy Jacobs

オランダのデザイナーIlvy Jacobs

ilvy-jacobs-paperbag-600x456.jpg

紙でできたバッグ。
可能性ってすごいですね! とにかくイイなと思いました。

Image1_01.jpg

グッとくるものを見ると元気になります。

1.jpg

また、話しましょう。

2.jpg





まだ、オープン前の美容院なので決めていくことが多く
今日は、看板に悩み中です。

SHOW-ROOM-HD-VRAC.jpg

自分で全て決定していくので、目移りしてしまいがちで
気が付けばあっという間に時間が過ぎていまい...。

最近は、ACE HOTELがイメージソースになっているのだと思いますが
箱文字をドドーンっと使っているものなどを良く目にするようになったし...

2161478.jpg

ベーシックであるものの、プレートのサインは取付場所の条件に合わせられるし
"らしさ"を表現しやすいし...
ブツブツ言いながらの数日を過ごし。

自分にとっての看板を造る意味に立ち返り、また画面とにらめっこです。
何を一番の目的とするかを決めるのは自分自身ですもんね。
アートって何でしょう
引き込まれる瞬間がたまらないわけですが。


私は理屈抜きで単純に好きなモノを見ていたいです。




 



TRUNK LINE MAP

大きな地図で見る



Template by coconuts



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。