<<
04

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
>>


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エントランスのアカシアが花を咲かせました。

P1030413.jpg

水やりをしながらのご近所や、行きかう人達との会話は楽しい時間です。

お隣の江口帳簿店さんはオーダーメイドでメニュー表やファイルなどを
造ってくれるんですよ。
色々教えてもらっている最中で
トランクラインオリジナルを造ってもらう予定です!
店舗などされている方は相談してみるとイイと思います。

P1030409.jpg

MOKARAさんのサボテン達もやってきてグリーンがいっぱい!!!
>>>変わったサボテンはどこで見つけてくるんだろう・・・さすが

Kranzオオガネさんがドライフラワー用のお花、ありがとうございます!!!
>>>ドライフラワー造りは楽しいです・・・次はどうやって使おうか

先日、友人一家が来てくれた時は
生花とドライフラワー~忙しい毎日の中で談議・・・楽しいです

ミドリカワさんはグッとくる観葉植物に出会えただろうか・・・ヨシムラのつぶやき







関連記事
スポンサーサイト
オーガニックのヘアケアの提案としてCHESSをご紹介します。

オーガニックシャンプー、トリートメントの選ぶ前に
まずは、自分の髪の状態を知る事から始めるのが大切です。
というのは、使ったことはあるけど髪がきしむ、泡が立たない
なんて経験があり、自分には合わないと思っている方も多いと思います。
カラーやパーマをしている髪の方は、まずこの状態になります。

天然成分で構成されているオーガニックのヘアケアシリーズは
あくまで、素髪かそれに近い状態のダメージの少ない髪に効果を発揮する
モノなので当然の結果。
とは言っても、オシャレを楽しむのに仕上りの良いカラーやパーマを提案したい
とは言っても、肌に優しいオーガニックシリーズは選べて当然でありたい
というのが私達の考え方。

chess1.jpg
Organicoside/BIANCO
7種のオーガニック認定ケア成分配合の本格的なオーガニック

chess2.jpg
Chimicoside/NERO
6種のオーガニック認定ケア成分とカラーキープ、キューティクルケア成分配合

自然素材で優しいオーガニック(白)と、ワンランク上の仕上がりのケミカル(黒)
自分に必要なモノを組み合わせることができるCHESSはお勧めです。
オーガニックでも、相反するコンセプトを持っている白と黒の考え方は好きです。

ダメージや乾燥をケアしておさまり良くしたい、肌に優しいもの希望の私は
◎シャンプー:黒
◎トリートメント:黒
◎洗い流さないトリートメント:白
この組み合わせがお気に入りです。




関連記事
<TRUNK LINEをご利用いただいているお客様へ>
いつもTRUNK LINEをご利用いただきありがとうございます。

下記の状況は改善しました。


お電話でのご予約をいただく際、システムの関係上
通常より電話のコールが長くなっております。
皆様にはご不便をおかけしますが
ご理解の程、宜しくお願い致します。

                        TRUNK LINE 吉村
関連記事
======================== TRUNK LINE ========================

<5月のお休み>
5月8日(火)5月23日(水)はお休みとさせていただきます。
宜しくお願い致します。   定休日:毎週月曜日    

============================================================
陽ざしもあたたかく、桜が咲き、すかっり春の景色ですね。
服や靴、鞄、身の回りのものを入替えたら
髪の色を変えたくなり

春の髪色に迷いながら、ちょっと遊んでみました。
3枚の髪の色が違う画像を比べて、自分の春の髪色を決めてみようと...
思ったのですが

1_20120408160823.jpg
2_20120408160823.jpg
3_20120408160822.jpg

結局、どれも捨てがたく、自分に合う色を客観的に選ぶことができず
ヨシムラに相談することに。

肌や瞳の色、服やメイク、仕事...
これらをトータルで客観的に、適格に判断してくれるスタイリストさんに出会う
これが大切だなと思った、ある春の1日でした。


生花に魅せられ関心をもったのは最近の事です。

トランクラインの開店。
お花屋さんと間違われるほど、たくさんのお祝いのお花をいただき
嬉しくて、しばらく眺めていたのを思い出します。

12.jpg

それまでは、枯れてしまうとカナシイ・・・。
そんな感覚で観葉植物やドライフラワーが好きと勝手に想い込んでいた
のかもしれませんが
積極的に生花を見る事をしていなかったように思います。

101.jpg

1111.jpg

店主ヨシムラが師匠と呼ぶイシさんから頂いたアレンジとの出会いは
忘れられない瞬間でした。
.9さんのWEBサイトを隅々まで見て、画像で表現された花の迫力と魅力に
圧倒されました。スゴイ!!の一言。

131313.jpg

そして、kranzオオガネさん、mokaraヤギさん、epanouirスズキさん、kukkaハセガワさん
花に携わる人との出会いに、あらためて感謝。
花を贈ってくれた皆さんに感謝。 と思いながら生花のアレンジの幅広さに
ため息ばかりの今日この頃です。

TRUNK LINE MAP

大きな地図で見る



Template by coconuts



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。